Edible Garden/食べられる庭 始まりました

Chikyuとbio marche NOBORUを結ぶテラスにできたガーデン

「Edible Garden エディブルガーデン=食べられる庭」

Sustainable Food100年先に命をつなぐ 持続可能な食

飲食店としてできることをひとつずつ 形にしていきます。

世界中から蜜蜂が消えているという話をご存知でしょうか?

養蜂家たちの間でも、突如蜂が居なくなった、あるいは巣箱で大量死した。など大変な事態に陥っています。

蜂が居なくなると、はちみつが取れなくなる どころの騒ぎではなく、植物たちは受粉できず、作物が実らなくなってしまいます。

突然消えた理由としては農薬 中でもネオニコチノイド系(日本にも多く売られています)や電磁波など様々言われていますがはっきりとした理由はわからないにしても、蜂がこのまま消えていくと私たちの暮らしに大きな影響を及ぼします。

だからこそ、テラスに蜜を取りに来るようなガーデンを作りたい。という願いからたくさんの人の力を借りてできました!

植えたのはハーブや野菜のほか、食べられる花も。

成長がとても楽しみです。

土や苗、種は北海道各地の自然栽培(無化学肥料・無農薬)の生産者さんたちから

プランターは国産の木材を使ったオーダーメイドのプランターを制作してくれるサイテックさんより。


蜜蜂の話は詳しく知りたい方は「蜂群崩壊症候群」で検索してみてください。

Organic Kitchen Chikyu

札幌市中央区宮の森のOrganic kithen ChikyuのWEBサイト

Kaori Ishida

嬉楽株式会社 代表取締役社長
オーガニックプロデューサー。
2004年にボランティア団体を発足。
環境活動や海外支援など 社会貢献事業を勢力的に展開した後、2010年にオーガニック居酒屋 粋ラボラトリーを創業。

「グリーンであること」を軸に、社会をより楽しく、より良くすることをミッションに邁進。
食といのちを切り口に豊かに生きる人を増やす活動を続ける。
2018年11月にOrganic Kitchen Chikyuを開店